FC2ブログ
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.12.24(Wed):占い
はい、年の瀬も迫って来た今日この頃ですが、今日から新しいシリーズ、「これは怪しいですよ~」といった占い師や祈祷師などを取り上げていこうと思います。

 このブログでも様々な占い師のスタイル、占法の誤った解釈、概念をお伝えして来ましたが、より具体的に上げてみようとするのが、このシリーズです。
 中には皆さんも「よくあるある」「聞いた事ある~」みたいな事もあると思いますので、お楽しみに~。

では先ず、第一弾はこんな占い師のケースです。

相談者 「今まで苦労もありましたが、今ではそれなりに成功をして会社も軌道に乗ってますが、これからよりどうすれば開運して行くのでしょうか?」

占い師 「貴方は今まで、5という数字がキーナンバーでしたがこれからは4という数字がキーナンバーになって来ます。

相談者 「そういえば今の会社が大きく軌道に乗り始めたのが私が35歳の時でした」

相談者 「分かりました、これからは4の数字がキーナンバーですね。ありがとうございます」


はい、こんなやり取りはよくある現状ですね。冷静に考えたら怪しい~と分かるんですけどね~。
 突っ込み所、満載なやり取りですね。これを信じる側にも問題はあるとは思いますが、このようなキーワード、キーナンバー、キーアイテムを占いのスタイルにしている占い師はほぼ全員偽物です。

 4という数字が貴方のキーナンバーです、と言われても、せめてその数字が時間を示しているのか?年齢なのか?西暦なのか?日、月、年?何なのかさっぱり分かりません。

 これは明らかに偽物で、ある数字を伝えてその数字がさも運命の分かれ道だったと相談者自身に答えを出させるやり方でこれを信じる者は自分で錯覚に陥っている事に中々気が付きません。

他に例を挙げてみましょう。

相談者 「今まで苦労続きで、せめて老後の為に少しでも開運して行きたいのですが・・・」

風水師 「分かりました、この鏡を玄関に置けば大丈夫です」

相談者 「この鏡を置いただけで大丈夫でしょうか?」

風水師 「この鏡だけでは不十分ですから、このパワーストーンを一緒に購入なさると良いでしょう」

相談者 「あぁ、ありがとうございます」


これもよく、見聞きする事ですね。ここまでくれば開運商法といって良いでしょう、開運商法の全てがまがい物、偽物ではありませんし、また開運商法といっても縁起物から悪質なものまでピンキリです。ですが、よくよく考えたら、全く説得力がない事は明白であります、先に挙げた例もこの例もそうですが、本当に相談者のお役に立つ、とは言えないですね。
 
何度もこのブログでお伝えしてますが、開運とは「人間的成長」を伴って初めて本質的な開運が出来ます。鏡やパワーストーンを置いただけで、開運出来るとは到底思えないですが、出来たとしても一時的に過ぎません。


今回はこの二例を挙げてみました。これはある有名な占い師、風水師が実際行っているやり方です。
 このような、スタイルが何故横行するのでしょうか?占い師側のモラルの低下もその一因であるのは確かですが、相談者側の過ぎる遊び心、ゲーム感覚、好奇心もその一因でしょう。

 遙か古からそうであったようですが、今も昔も占い師自身が本物の占い、運勢学をさがしている状況です。つまり、多くの占い師が本物を知らないというのが実情であります

皆様も上記のようなやり方をする占い師にはご注意を・・・。


開運コンサルタント水鏡庵では法人、個人契約を承っております。興味のある方は和泉堂ホームページ内の水鏡庵のページをクリックして下さい。
 またお電話での受け付けもしておりますのでお気軽にどうぞ。
無料資料を郵送出来ます。


和泉堂ホームページ

開運コンサルタント水鏡庵 088-855-6921

代表ミズハ携帯 080-4032-7307

1920x1080x9e134f0edcbc772f98de51.jpg
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mizuhakisen.blog.fc2.com/tb.php/76-7d76674e
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。