--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.03(Wed):占い
現代占いの代表格の一つがこの「当てもの」占いです、日本では結構昔からあるようでして、人相、手相であろうが易であろうが霊視であろうが基本的に相談者の「過去」もしくは「現状」はては「前世」、「先祖」の因縁などを見て言い当てるものです。もっとも大事な相談者の「未来」「これから」については中々ハッキリ言わなかったり、具体性を欠いたりする特徴があります。この当てもの占いを信用する相談者の中には昔飼っていたペットの名前を言い当てられたのでこの占い師は本物だと思いますとか言われた過去が全て当たってましたとか、いかにも相談者の信用を得うるために当てものをして未来に対する指南は実は適当と言うのがこの「当てもの占い」の実態です、片や「当てもの占い」でも有効的な部分を上げますと「失せもの」や体の具合の悪い所を見つけることや探し人を見つける事などが上げられます。

当てもの占い師が本当に当たろうが当たるまいが占いの本質は「開運指南」「人生指南」である以上「当てものに」終始するならば大した腕ではないと言わざるをえないでしょう。
 ただし先に上げた通り「失せもの」「病気の原因」「探し人」等の当てものは大変相談者に有益なものですからこれらに特化するならば当てもの占いも捨てたものではありません。ですが中々難しいと付け加えてはおきますが。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mizuhakisen.blog.fc2.com/tb.php/7-fa3e0aee
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。