FC2ブログ
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.13(Tue):占い
え~、何度かこのブログでも言っていますが、「指南」とは「指南者」と「相談者」とのやりとりがあります。
 つまり、「相談者の悩みや聞きたい事」を「指南者」が「指南」するわけですが。
現代人は「自分の悩みに対して具体性」を欠いている傾向が非常にあります。勿論、全員ではありませんが。

和泉堂の宅占事務所に来られる方は大きく分けて3通りの「聞き方、質問」をしてきます。

①「当てもの」「分析」が正当占いと思い込んでいる方。
  つまり、「いつ結婚出来ますか?」「就職はいつ頃決まりますか?」などの質問の仕方になりやすいです。

②「指南」を理解されていて「真剣度があり具体的」な質問の仕方になりやすい。

③「指南」を理解していようがいまいが、いざ「指南者」に「相談」するとなったら「問題がまとまっていない」
 

①、②はこれまで何回も述べて来た事なので、今回は横に置くとして、今回取り上げたい事は③の「悩みや問題はあるが深く考えていない」、これが実は非常に問題なんですね。

①は「時代や平和ボケ」がその原因でありますが、「流行」という理由もあるので、部分的には近い将来「淘汰」される事もあるでしょうが、③はある意味とても深刻で、次のような状態に陥っている可能性があります。

A「思考停止、または思考停止に近い状態」

B自己主張が強すぎる

C思考停止はしていないが「考える力」そのものが薄弱



①は先ず「思考を張り巡らす」事から訓練すれば次第に改善されていきます。

②は先ず「謙虚さ」をしっかり身に付ける事で変わっていきます。

問題は③の「考える力そのものが弱い」が非常に危険です。要するに「質問できない」という状態です。
これは、「隠れ思考停止」とも言うべきもので、日常の習慣的な事に対して深く「考えているつもり」になっている状態です。この状態が続くと「問題点は分かっているが本気で問題解決に取り組めない」とか「三日坊主」「集中力散漫」など「慢性的な悪循環」を招きますので非常にたちが悪い状態です。

これが長引くと人にもよりますが数年、場合によっては10年以上この状態から抜け出せなくなります。
結局、この「隠れ思考停止」の何が良くないかと言いますと「本質的な成長」が出来ない状態が問題なんです。

普通の「思考停止」は「思考」が「停止」しているという「状態」に気が付けば人にもよりますが「思考」を「働かそう」としますが「隠れ思考停止」は自覚が無い事に最大の問題があります。

「思考停止」自体、中々自覚が無いものですが、「隠れ思考停止」の場合は「思考」しているつもりになっているし、周りの人から見ても一見「思考」を「働かせている」ようにみえるので、自分が実は思考を停止している事や深く考えていない事にかなり問題が深刻にならないと気付かない場合があります。

これも現代特有のある意味「心の病」でしょう。

「思考停止」全般に言えますがこれの問題点は先にも述べましたが「人間の本質的な成長」が出来ない事にあります。
「成長」が出来ない=「開運」しませんので、いつまで経っても「成長しない自分に自信が持てない」「過去ばかり見て後悔する」「問題点はハッキリとしているのに取り組まない、または三日坊主」「熱がすぐに冷める」このような状況になります。
「質問出来ない」=「考えていない、または考えているが本質が見えていない」=「まとめる力が不足、または整理する力が不足」という事になります。

「平和ボケ」の弊害は実はこんなにも身近にあるんですね。
ドキッとした方は「考える力を」しっかりと身に付けましょう。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mizuhakisen.blog.fc2.com/tb.php/54-ddde4f82
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。