--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.04(Sun):占い
いや~、今回も色んな「占法」「ジャンル」を取り上げてみましたが、普通に判断すれば「偽物」「嘘」「お金儲け主義」「思い込み」「自己満足」などで行っている行為だと分かるはずなんですが、現代人はどこか「夢見る夢子ちゃん」なんですね。何度も言いますがこれは現代人特有の「平和ボケ」が原因なんです。

 この「平和ボケ」はある種の「思考停止」に近い状態を作り出しやすいです。日ごろの日常生活の事はソツなくこなし、深く考えなくても良い問題や習慣的な問題に対してそれなりに考えこなして行く、このような「普段の日常」においてはその「害」はそれほど表面化しませんが、深刻な問題、人生の岐路、命に関わる問題、などその真剣さがとても求められる事になるとやっとあれこれと真剣に考えだします。
 そして、このような人は「一歩遅く」なります。いつも、後手後手になるんですね。
日々の日常を真剣に生きようとしているつもりで実は真剣ではない人が突然「真剣に思考」をしたり「深く考える」事はすぐに出来るものではありません。普段からいつも「真剣に生きる」からこそ必要な時に「真剣度」が出るんですね。


占い師、チャネラー、ヒーラー達も自分たちの「仕事」が本来どのような社会的位置にあり、また、自分たち自身がどのような立場に本来あるべきなのか「真剣」に考える必要があるでしょう。
正しい学問を研究し時代に合わせ改善、改良、発展させ時に修正をし、それらを正しい姿勢で取り組む事が現代では何より求められている時代ではないでしょうか?

自己満足に終始せずどこまでも相談者のために、人様のお役にたてるように日々を真面目に生き真剣に取り組む姿勢は必ず理解してもらえるはずです。
 自分からのアピールもいけないとは言いませんが、それと同等に「謙虚さ」も持つ事が大切でしょう。
そして、この時代が「平和」だから通用する「占法」「チャネリング」「ヒーリング」はいずれは滅ぶでしょう。
 「本物」の「占法」「占い師」はいつの時代でもどのような場所でも通用するものです。

「貧しい国」「戦争中の国」「主義の違う国」などで貴方たちのやり方は通用するのでしょうか?
 これを常に自分に問いながら仕事をしてみて下さい。おのずと自分の間違い、不自然、思い込みに気付く事が出来るでしょう。



占い師、相談者、この両者は一昔二昔前なら、「本物か偽物か」「信じるか信じないか」でありましたが、近年はこの二極状態に変化が現れました、海外では少し前から存在しておりました、「チャネラー」「ヒーラー」の存在がこの「占い業界」にもその範疇が及ぶに至りだしました。「本物か偽物か」「信じるか信じないか」の単純な比較ではなく、この第三極の出現は全くの新しい切り口で世に現れたので、さらに業界は混沌とし混迷を極める状態です。

例えば、一人の占い師が「スピリチュアル」「ヒーラー」「チャネラー」をしていたりします。
 これは、今の混沌とした占い業界の状態を如実に表しているものです。
何でも有りは結局回り回って自分の首を絞める事と気付いて下さい。

「チャネリング」は実際、遙か古の「仙道」にも存在はします。ですが「宇宙人」「未来人」「地底人」「前世」などと「チャネリング」は出来ません。
 「オーラ」を使って人の心を癒す事も不可能です。

「ヒーラー」は何を以って癒しなのかをしっかりと考えなくては、いけないでしょう。
「創造主」がいるかいないかは一度横に置くとして、「人類」が「神」に「命令」は出来ません。
 「創造主」とは何か?も深く「定義付け」しないとあやふやなまま、認識されますし、シータヒーラーの多くは「シータ波状態」になっておりません。



こういった、新しい「第三極」の出現の多くは「癒し」「運勢」「開運」に「何が必要なのか?」がまだまだ未熟な「西洋からの輸入」です。西洋で「チャネリング」「ヒーリング」などといった事が騒がれるずっと昔からすでに東洋では研究されてきたもです。
 多くの、「チャネラー」「ヒーラー」は自分の個性を以って人に「認めてほしい」という「個人的願望」がその裏に潜んでいます。若い頃からの神秘で不思議な世界への強い憧れが未熟なまま育ちその結果「安易にチャネラー、ヒーラー、スピリチュアリスト」を生み出した切っ掛けになっています。

我々、占い師は確かに現代では完全に解明されていない「未知なる力」を以って「指南」をさせてもらっているわけですが、「不思議に始まり不思議に終わる」「神秘に始まり神秘に終わる」事ではとても「腕がある」とは言えません。
 「一生を費やす覚悟」「どこまでも相談者の為」「どこまでも社会の為」「どこまでも学ぶ姿勢」「どこまでも高い人格を求める姿勢」が絶対必要条件です。
 現代占い師、ヒーラー、チャネラー、スピリチュアリストの多くがこれらの事が出来ているとは、私は到底、思えません。



占い師、ヒーラー、チャネラー、スピリチュアリスト、一般の相談者たちがこのような状況を招いたのです。何にでも飛付くのが悪いとは言いませんが、現代人は「個」の「自由と無秩序」をはき違えています。
 これは「現代人のエゴ」です。

本当に「正しい姿勢」「正しい住み分け」「正しい学び」がなければ100年後200年後にはこの業界のほとんどは滅ぶ事でしょう。
 一時の優越感、自己満足、儲け主義に終わらず、我々のこの「運勢学」は「先人からの頂き物」という認識を辞め「先人からの預かり物である」という認識の元、もう一度軌道修正をし後世にこの「運勢学」を「伝え残す」よう考えなければならないでしょう。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mizuhakisen.blog.fc2.com/tb.php/47-bbf3399c
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。