--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.31(Fri):占い
ではどのように事前の準備、心構えをすれば良いのか、以下にまとめてみました。

 ①先ず、自分の悩みと「真剣」に向き合う、悩みの整理整頓をして「選択肢」がいくつあってそれぞれが  どのような「選択内容」なのか「真剣」に向き合う。
   例え悩みがまとめ切れなくても最低限「真剣」に向き合うがとても肝要です。
 
 ②出来るだけ占い師に具体的に相談する。

 ③いくら初対面の占い師でも最低限の「信頼」はする。

 ④「指南者」からされた「指南」とまた「真剣」に向き合う。


 以上この4点に気を付けて頂ければ「本物」または「本物を目指してる」占い師はその「威力」を遺憾なく発揮しやすいでしょう。
ですが先に述べたように、相談者の質問の仕方が具体性を欠きすぎたり、相談者が「努力」や「知恵」を惜しんだりすると当たるものも当たらなくなります。
 「本物」または「本物を目指してる」占い師のなかにはたまに「はずす」ことがあります、それは何故か?それは上記に記したような事を相談者が怠っていたり、」相談者の占いに対しての間違った認識、前提があるためです。
 確かに上記に記した条件をクリアしてない相談者に対しても的を得た指南をされる占い師も探せばいますがそれはよほどの「名人」か「天才」です、現代はそのような「名人」や「天才」は大変「希有」と言わざるを得ないでしょう。
 
 ですが決して遊びやゲーム感覚が悪いと言ってるのではなく、たまには遊び感覚、ゲーム感覚、はたまた愚痴を聞いてほしい事も時にはあるでしょう、それもまた一興でございます。遊びやゲーム感覚に「過ぎる」のはどうかな?と思うわけです。 
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mizuhakisen.blog.fc2.com/tb.php/4-ecb2be70
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。