FC2ブログ
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.04.23(Wed):占い
ここからは、「占い否定派の理由」を上げていきましょう。

①占いなど初めからあるわけない。
②現に「地震」や「大事件」を予見した占い師がいないから。
③占い師自体が怪しい、胡散臭い。 
④実際、当たった事がないから。

他にも、否定理由はあるとは思いますが、大体この四つではないでしょうか。この、否定派の否定理由は実はまさに今の占い業界の問題提起をそのまま含んでいるので、非常に大事です。我々、占い師にとっては非常に屈辱で耳に耐えがたい事ですが避けて通るわけにはいきません。

では、一つずつ説明していきましょう。
①占いなど初めからあるわけない。

 頭から完全否定、全否定されている方達がここに含まれるわけですが。完全否定するに至った経緯がまた、それぞれあるでしょう。これには、大きく分けて以下の二つになるでしょう。

Aある種の無神論者、無宗教者、または現実主義者。
B以前は信じていたが、結局「本物」と出会うことが出来なかった。

先ず、Aは探せばよくいるパターンですね。またこのパターンAの方達も更に細分化されますが今回は省略いたします。
 現実主義自体、何の問題もありません、運が開けて行くかどうかは別問題ですが、この考え方をされる方の多くは「運は自分で切り開いて行くもの」と言う方が多いです。
 はい、大正解ですね。まさに「運は自己の力で創造し切り開いて行く」ものです。
ですが、この理由は「運勢学」「占い」の「否定根拠」にはなりません。
あくまで、「個人的生き方」を述べているに過ぎません。そして、実は「運勢の法則」をはからずとも述べていますね。
 先ほども言いましたが「運とは自己の力で創造し切り開いて行く」ものです。要するに「他力本願」か「自力本願」かで言えば、「自力本願主義者」がこのパターンAを主張するわけです。
 
 ですが、「他力本願」がいけないとは、私、ミズハは思いません。「他力本願に始まり他力本願に終わる」のいけませんが「自力本願」を大前提に置きそして「他力本願」もあるという事です。

 それと、「自力本願主義」を主張される方の中に、実は「他力に頼っている」方達も多くいます。つまり「生かされている」「助けてもらっている」ことに気づいていない方達もいます。こういった、もう一つ「自分の人生を真剣に生きていない」人もパターンAには含まれます。
 
 どの道、人は中々自分を知らないんですね。知る手立てとしても「占い」「運勢学」はとても有効なものですがね。


次はパターンBですね。「本物と出会えれなかったから」という理由はある意味、由々しき問題提起です。
 まさしく、この問題は昔から存在していました。ですが、そもそも「本物」は本当にそう中々いません、詳しく統計を取ったことはありませんが、例えば、数千万人の中に一人いるかいないかですね。日本の人口が大雑把に一億四千万人として十人いないんじゃないかと思います。
 現在、この日本で占い師がどれくらいいるかこれまた、統計を取ったことはありませんが、恐らく、数万はいることは間違いないでしょう。そして、今、こうしている間に占い師人口は増えています(特に都会で)

 これは「本物」が増えているわけではなく、キツイ言い方ですが「偽物」もしくは「偽物に類する」占い師が増加しているんですね。

これは何が問題かと言いますと。結果的に占い師という職業に対する「憧れ」が占い師に必要な要素という「現実」を直視せず「未熟な考え」をそのまま持った状態で「占い師」になった結果です。
 勿論、「詐欺占い」「お金儲けに過ぎる」などは論外ですが。

「占い師」とは「運勢学」を以って人に「開運」を示すお仕事なので、それは、それは想像を絶する「勉強量」「鍛練」「人格構築」などしなければなりません。そして「優れた、本物の師」の元で先に述べた「鍛練」「勉強」などをするわけです。
 現代占い師が「憧れ」に過ぎて「占い師に必要不可欠」な要素、「高い人格構築」を「優れた、本物の師」の元で身に付けるという過程が抜けている、もしくは不十分な状態で「占い師」になるものだから、いつまで経っても「本物の占い師」になれないんですね。
  
 初めは皆さん「メッキ」です。それでも真面目に、謙虚に、自分に酔わず修業、勉強をすれば次第に「本物」になっていくわけです。
 それと、やはり「優れた、本物の師」との出会いがこれまた、必要不可欠です。昔から言います。「一流になりたければ一流から学ぶしかない」この一言に尽きます。
この「本物の師」が中々いませんので、自然と本来「占い師」は人口的に考えたら極少数なはずなんですがね・・・。


次は②の「地震」「大事件」を事前に言い当てた占い師がいないから。ですね。

 これには、いくつかの前提が間違っている場合があります。
先ず、「未来は決まっていない」という前提があるわけですが。②の理由は「未来は決まっている」という間違った前提の元に成立する話なので、これは実は「占い」「運勢学」を否定する根拠にはなりにくいんですね。

 ですが、その内容にもよります。例えば「地震予知」「火山予知」などはある程度出来るでしょう。
ですが、「○○銀行に強盗が入る」とか「○○氏が交通事故で亡くなった」とかは場合にもよりますが、中々難しいですね。
 これは「運勢の法則」を知らないと厳密に理解出来ないかも知れませんが、後者の方は出来る時と出来ない時があるんですね。

後、我々占い師は「観ようとしないと観れない」という基本的大前提があります。
 占いは「お告げであってお告げでない」という事があるので、当然「占い師が観ようとする意志」がないと観れません。
東日本大震災や西日本大震災でも「予見」出来なかった事を理由に占い師を否定される方がいましたが、観ようとしないのに観れるわけないんですね。

 今回はここまでと致します。次は③「占い師自体が怪しい、胡散臭いから」ですね。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mizuhakisen.blog.fc2.com/tb.php/39-528cfa2e
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。