FC2ブログ
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.04.03(Thu):占い
今回は、夢占いを取り上げてみようと思います。
 ズバリ、「夢占い」は存在するのかしないのか?
いきなり答えですが夢占いは残念ながら存在しません。ですが、歴史はかなり古く、紀元前からあり、日本だけではなくギリシア、中東、古代インディアン、中国などなど世界各地で、夢占いの記述が確認出来ます。
 旧約聖書でもヨハネが夢占いを行った記述があります。
 

そこで、「何を以って夢占い」かと言いますと、皆さんの認識している夢占いは、夢で見た事を夢占い師に判断してもらうのが夢占いと思っているのではないでしょうか?
 そのような夢占いは「嘘」または「偽物」です。
本当の夢占いとは、相談者の悩み、聞きたい事を「夢占い師自身が寝て、相談者の悩みなどの成否を夢に観る事」です。
私も、世界中の夢占いを知っている訳ではありませんが、恐らくこれ以外に夢占いは無いものと思います。
 少なくとも、現代の夢占い師が行っているような、「相談者の夢を起きた状態でその成否を判断する」ような事は間違いなくありえません。要するにそのほとんどが「偽物」です。

ただし、「正夢」という現象は本当に存在します。
 ですが、この夢占いについては、世界中にその記述があるのに、その「原則,原理」が全く分からないのです。
ですから、夢占いは「神のお告げ」だ、などと言われています。
 ミズハ個人は夢占いは「神のお告げ」ではないと思いますが。その「原理、原則」が分からないので検証も出来ません。
ですが、ずっと以前私の若い時に数回、ある「夢観」にお会いする機会がありまして、その「原則、原理」を少しお尋ねしたところ、「あまりにもそれは難しく、難解でとても言葉だけでは伝えれません」と言っってその内容はお教え頂けませんでした、そしてこうも言っていました「恐らく、この技はあまりに難しく、これを継承出来るものは私が最後であろう」と、その言葉通り数年後に誰にも継承されず、その「夢観」はこの世を去りました。

 私もこれ以降、本物の「夢観」に合う事すら叶わず現在に至りますが。
昔、お会いした「夢観」の方も言っておりましたが、夢のほとんどは「意味のないもの」であると言ってました。これから先、科学がもっと進んだら夢の謎も解明出来るかもと言っておりました。
私、ミズハも「無相」で観たらやはり「夢は現実的な影響は極稀」と観えました。

 これからも、少しずつ夢については研究していきたいと思っています。
ですが、「夢診断」や「相談者の夢を起きた状態で判断」するような夢占い師はほとんど偽物です。

まぁ、簡単に言ったら基本「夢に根拠は無い」、です。
 怖い夢を見たからとか、縁起の悪い夢を見たからとかは気にしないのが一番です。
悪い夢は気にせず、良い夢は覚えておく、が一番です。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mizuhakisen.blog.fc2.com/tb.php/29-46bef8b3
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。