--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.03.13(Thu):占い
皆さん、風水は知っているのではないでしょうか?あとお水取りやお砂取りも少しくらいは聞いた事があるかも・・・
 それと家相なんて言葉はどうでしょうか?
 
ちょこちょこと聞いた事はある単語ではないでしょうかね?風水、家相、お水取り、お砂取りこれらはすべて方位学と言う学問なんですね。歴史はかなり深く今からおよそ五千年前にその基礎が出来た易学から方位学の基礎は来ております。
 特に風水は皆さんも良く知っているでしょう、風水もかなり奥が深くまた今や風水学も多種多様な流派に分かれていますし、その各流派が自己主張していますので状況はかなり混沌としています。
 ですが、この方位学、これそのものが大変奥が深すぎて実はまだ完成にいたっておりません。皆さんちょっと驚いたのではないでしょうか?
 先に述べておきますが方位学は正しく理解し使えばその効果は驚くべきものです、我々其仙流も和気修方という方位に関する方位取りをお客様に進めていますが、我々はその効果を保証しています。
 もし効果に納得いかなかった場合はお代を返金しております。そこまでこの方位学はすごい効果を発揮出来ますし私たち其仙流は自信があります。
其仙流の事は一度横に置くとしまして、この方位学は先ほど述べたように正しく理解し活用すれば小さい奇跡や、幸運。時にまさかの大きな奇跡を起こす可能性を秘めています。
 ただ、現在の方位学者や風水師たちのほとんどはこの方位学を正しく理解してない方達が大変多く見受けられます。

方位学とはこの我々が生活を営んでいる地球の内外の氣の巡りを計算し氣の流れを観、お客様にその恩恵を授ける事です。現在の方位学者や風水師たちの多くは方位より地形や住まいの中の氣ばかりを語ります、これでは方位学の一番大切な肝心要の外枠が外れています。
 それとある意味もっとも問題なのが現代の方位学者や風水師たちは氣の流れを計算は出来ても、氣の流れを「観る」ことが出来てません、これでは個人個人に合わせた方位取りは出来ません、よって結果はまちまちになります。
効果があったり無かったりと曖昧と言わざるを得ません。

 遙か古の時はこの方位学は貴族、王族が門外不出に取り扱ったり、流派をお抱えにしたり、意にそぐわぬ場合は敵国にこの方位学が渡る事を恐れ流派一門を皆殺しにするほど厳格でありまたその効果は計り知れないもので恐ろしいものでした。では何故ここまで方位学はすごいのか?それは当時風水師達や方位学者は正しい氣の巡りの計算方法と氣の流れを実際観る事が出来たからです。実はこの事実は現代の風水師達や方位学者の多くが知らない事です。
 氣の巡りの計算方法はある程度現在も古書などを調べれば分かりますが、一番の問題点「氣の流れを観る」方法は失われたり、「口伝」で伝授したりで一般に広がる事がありませんでした。
 それゆえ現在の方位学者や風水師たちは計算のみによって気の流れを捉えています。

これらの理由で現代の方位学の多くはその効果が非常に曖昧であります。
 家の中をピンクで飾ったら恋愛運が上がりますとか、鬼門をおかしたら恐ろしい事がありますとかは迷信、オカルトです。皆さんもこのような風水師、方位学者には気を付けましょうね。

 
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mizuhakisen.blog.fc2.com/tb.php/20-e0607036
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。