--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.10.19(Sat):占い
「運」とは100%あるうちの約50%~60%(個人差はあります)は生まれた環境、血筋、家柄 などで決まります。これを「宿命論」と言います。これはこの世に生まれ落ちた時に決まるのでもう変えようがありません、それより大切なのは残りの40%~50%のこれから自分で良くも悪くも出来る「未来」の部分で生まれた時はこの領域は真っ白なんですね。この真っ白の領域をどうするかによって未来は幸せにも不幸にもなります。これを「造化論」または「造化学」と言います。 
 指南者はこの「造化」の部分を大切にするんですね。如何に「努力」し「成長」したら良いのかを指南者はアドバイスするのです。
 
 今まで何にもいいことなんて無かった!なんて言いながら相談に来られる方がままいます。ですが基本、人間はどこかでちゃんと人生の軌道修正ができるチャンスはあります。
 それでも、そんなチャンス無かったとおっしゃる方は人生を「真剣」に生きてない方でしょう。
そして、「運」のない人ほど「私は占いになんか頼らない」とか我々「指南者」に対して「腕がない」とか「誰にでも言える事を言う」とか「あなたの言ってる事は抽象的!」とかおっしゃいます。
もちろん、占い師である以上そのような事を言われても謙虚に受け止めなければいけないでしょう。

 私が言いたいのは「運」が無い人は基本、一生「運」が無いもしくは色んな意味で非常に「視野」が狭い人生を送りやすいです。そして、自分の不幸を誰かのせいにいます。
 ではどうしたら「運」が少しでも良くなるのか、少しでも「幸せ」に近づけるのか、色んな言い方が出来ますし色んな要素がありますが、四つ言えるとしたら「素直さ」「謙虚さ」「情熱」「真剣」の四つでしょう。
 この四つだけが人生を幸せにしたり豊かにしたりする要素とは言いませんが、この四つのことが本当の意味でしっかりと「腹」に収まっているかたはやはり、苦労をする時代はあっても最後には「人生を豊か」に生きていますね。
 
 人は誰でも辛いことや苦労は嫌なものです。ですがだからといって日々をなぁなぁに生きたり、独善で生きたり、不幸をいつまでも誰かのせいにして生きていくことで「幸せ」になれるんでしょうか?「人生を豊かに」生きていけるんでしょうか?
 「幸せ」や「人生を豊かに」生きていける人は自分の人生を「真剣」に生きていく人のみです。

心にチクリと感じた方は過去の自分を振り返ってみたらどうでしょう?
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mizuhakisen.blog.fc2.com/tb.php/12-816f91bf
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。