FC2ブログ
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.30(Tue):占い
毎日色々な相談者が来ます、恋愛や仕事、人間関係また中には自分は霊に憑りつかれてるんじゃないかとかお茶碗が割れたので何か不吉な事があるんじゃないかとか内容は様々です。
 ですがここ何年も危惧してるのが相談者の質問内容が非常に「希薄」になって来てる事です、簡単に言いますと質問内容に「真剣み」が無い、あまりに漠然とし過ぎた質問の仕方、あと占いをゲーム感覚、遊びと勘違いしてる方達、中には占い師を試すために「嘘」を言ったり何も聞かずに質問内容を当てて下さいとか、中々頭を抱え込んでしまうような事を言ってきたりする方もいらっしゃいます。
先ず占いとは何なのかを説明しないといけないと思います、占いとは「開運指南」でありまた「軌道修正」でもあります要するに「人生指南」なんです、決して「当てもの」でも「オカルト」でもないんです。
 相談者の「真剣度」が先ず問われるんです、自分の悩みに対して普通「真剣」に考えるでしょう?それが最近は「悩み」はあるけれどその「悩み」に対して「真剣」に向き合ってない、考えてない、そんな状態で占い師に相談に来られる相談者が大変多いようです、
我々占い師は占いを行う時に相談者の「真剣度」が必要なんです、その「真剣度」がちゃんとある方の質問はより「具体的」な質問の仕方になるはずです。
 それといくら初対面同士でも最低限の信頼関係がないとまた中々良い「指南」は出来ずらいものです、占い師を試したり、疑って来られたら観えるものも中々観えずらくなります。
 占いは決して簡単で便利なものではありません、「開運」には相談者の「努力」と「知恵」が絶対必要ですその上で我々占い師は相談者の「向き合うべき問題」をどのように「努力」と「知恵」を使えば相談者自身の「開運」「成長」に繋げれるかを「指南」するのです。


スポンサーサイト
2013.04.14(Sun):占い
改めて自己紹介を致します、高知で占い師をしてます和泉堂のミズハです。和泉堂は「其仙流」という流派になります其仙流の占法は「易」と「麻衣相法」と「無相」の三つです。
 他にも色々とありますが専門はこの三つの占法になります、あと「方位学」も専門でやっています。
日本に伝わってから約100年の歴史があり代々、占法の研究、方位の研究をしてその精度を上げ「本当の意味」で相談者や社会の役に立つように努力しております。
先に上げました「易」はご存じの方も多いと思います、「麻衣相法」は専門の方ではないともしかしたら知らない方も多いのでは?「麻衣相法」とは簡単に言うと「観相学」ですね一般的には「人相」「手相」といった単語で知ってると思いますが、「観相学」にとても影響を与えた相法です。
 そして「無相」とは?っと思ってる方も大変多いのではないでしょうか?実はこの「無相」は其仙流の長年一子相伝で伝えてきた占法でして簡単に説明すると「透視」の一種です、ですが一般的に知られてる「透視」とは違ってまして「運勢」を観ることに特化したものです。
 また正しい占い法を広げる活動の一環で占い教室も行っています、興味がある方は是非どうぞ詳しいことはhttp://wasendou.netか080-4032-7307までどうぞ。
2013.04.12(Fri):占い
ここ10年20年程占いがブームになって来た事には大変喜ばしい事と思います。占いは昔、王族や貴族といった身分の高い者にしか触れ合う機会がほとんどありませんでした、それが近年は一般の方々にも気軽に利用出来るようになり大変身近に感じるようになりました。
 一方で占い師や相談者の質問内容や心構え、本質が大変希薄になって来てる事に危惧しております。
先ず占い師の問題です,ここ最近の占い師は自分の占法の正しい歴史認識や正しい知識、技法に乏しいように思われます。
 次に問題なのが相談者のあまりに未熟な先入観念が蔓延していることです.
本来、占いとは大変難しい学問なんですそれを書店に並んでる本を何冊か読んでその気になったり自分は霊感があるからきっと占いも出来ると思い込んだりと様々困った状況と言うのが今日の日本の占い業界なんです、勿論かしこく正しく使ったり、尋ねたりすることで「運」を貯蓄して場合によっては「軌道修正」をしたり「危険を回避」したりと役に立ちます。
 そこで今の占い界を憂い、全てにおいて我々和泉堂が正しいとは言いませんが長年積み重ねてきた経験と研究から得た、一応この辺りが「本物の水準」であろうと思われるものを少しずつでわありますがブログで更新していこうと思います。
 出来るだけ多くの方々に知ってほしいので時に堅苦しいお話になるかも知れませんがどうぞよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。